FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2018.09.14 (Fri)

胆振東部地震

2018年、9月6日。午前3時7分。地震の規模はM6.7.
厚真町(あずまちょう).」では震度7で大規模な土砂崩れが発生した。

夜中に大きな揺れがおき、目が覚めた。枕元に置いてあるスマホをてにとる。午前3時7分。

家具ががたがた音を出し、家自体も何かにもてあそばれているように動く。
猫が騒ぎ出し部屋を駆け回る。たまたま娘が止まっていて柴犬のももこもいた。で、その夜はももこと寝ていたので、
起き上がり、揺れが収まるのを待った。夫が自分の部屋から階下の居間に行く音がした。下の部屋で寝ていた娘もおきたようだ。
電気をつけようとしたが点かない。停電かなと下からも声がする。

階下の居間に行くと床に水が散っている。金魚の水槽が三個あって、すべてから水がでているのだ。幸い金魚の命には別条がなかったが、じゅうたんやソファーに敷いているクッションがびじょびじょ。

外に出て町内を見回した。停電はうちだけではないことがわかる。
その後のニュースで道内294万所帯が停電という前代未聞の出来事だった。
外は暑くもなく寒くもなく、オリオン座がきれいで、三日月もくっきりとして奇麗だった。


テレビが映らないとなれば、情報はスマホだけ。ほとんど満充電だったがグングン減っていく。
とりあえず、地震の規模や、北海道全域が停電であることや、電気の復旧はめどが立っていないことを知る。
実家(青森県)の弟から電話が来る。そして北海道の厚真町というところで山林が崩れ
土砂災害で家が流されている、という情報が入る。
他にもネットの友達からめーるが入る。被害を案ずるメールで有難かった。

今日で地震発生から9日目になる。余震はまだまだ続いていて、これを書いている最中にも二回あった・。
停電は札幌市内は翌7日朝に。我が家は7日の午後8時過ぎに復旧した。
6日に予定していた白内障の手術は中止。13日に行われた。13日に予定していた分は20日にやる。

この地震で41人の方が亡くなられた。24時間体制で生き埋めの捜索が行われたが、残念な結果になった。


7年前の3,11地震も今回の地震も、「想定以上のことが起こったため」電力発電所が痛手を食う、今回は未曽有の北海道全域での停電となった。ということはライフラインが動かず、食料食品の製造ができない、ということだ。
世界に誇る日本の原子力も、火力発電所も大したことがないなぁ。昨年はいろんな会社でデーターの改ざんが行われ、信用を失墜させた。日本の技術力もたいしたことがないのだろう。
想定外のことが起こった、ということががそもそも、恥ずかしい。
スポンサーサイト
16:37  |  日記  |  トラックバック(-)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |