偶然

今、室蘭港の文学館で文学と写真のコラボレーションを開催している。写真家さんが写した30枚くらいの写真の中から、物書きさんがイメージの湧きそうなものを選び随筆や俳句、短歌などを付ける、というものだ。

私は二点選ぶ。開催中の文学館の記事が新聞に掲載された。


taibousiki.jpg

 娘に、この記事を見せた。すると、阿部直樹さんという人は高校の同級生だという。阿部君が写真をやっているのを聞いたことがあるというのだ。娘もびっくりしていたが、私もびっくり。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  

 @300字以内の短文です        

 《 娘が二人いる。彼女たちが小さい頃、どっちか、看護婦さんか美容師さんになってほしいな、と言った。その頃は、女性も手に職を、という言葉が世の中を席巻していて、女性の職場といえば、看護婦か美容師だったのである。 

下の娘が小学生になって、看護婦さんになりたいというようになった。その後、男女雇用均衡法ができ、看護婦が看護師と名称を変えた。

 娘は望みをかなえた。真新しい実習着に身を包み、キャプを被せてもらい、ナイチンゲールの灯をいただく。看護師としての心得と決意を新たにする儀式である。親はまた、肩の荷を軽くした瞬間であった。 》
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

miyaさんのが選ばれて記事になっていますね。(v^ー°) (画像からも読みました)

娘さんと同級生とは驚きですね!

そして、お嬢さんの病院が我が家の近くで、母が大変お世話に成った病院。
私も、風邪や「胃カメラ」でお世話に...。
待合室で、看護師さんの顔写真をいつもボッ~と眺めていたのですよ。
その中にお嬢さんがいたのですものね~w(@。@;)w ~。

写真にコメント・随筆良いですね! 写真も生き、文も生きる。 簡単な一言苦手です。

けいりさん、おはよ!

旅行の準備でお忙しいのにコメントありがとう!顔写真のこと、娘に聞いたら「貼ってあるよ」と笑っていました。今度写真だけ見に行かなくては(笑)

簡単な一言

いかに無駄を省くかで、文が変わってきますよね。無駄を省くことが難しくて、また、面白いところです。毎月届く「福栄寺だより」は暖かなお手紙です(*^。^*)

偶然と言うのか、不思議な縁ですね。
新聞記事の名前は隠す必要ありませんよ(笑う)

ホント、偶然ってあるよね!

不思議なご縁で繋がってるのよ人は(笑)
看護師さんといえばナースキャップがきれいですよね、
今ではあまり被らない病院が多いと聞きました。
キャップにバイ菌が付くのが原因だそうですが残念ですね^^

うめちゃん(笑)

それがあるんですよ。私、某サイトでは「吉永小百合」似の上品な女性ということにしているんです。たまたまそこで知り合った「ぽめ太郎」さんという方が、同じ室蘭市民でして(-_-;)。実物の私がばれたら「詐欺罪」で告訴でもされるんじゃないかと……。賠償金を払う余裕がないので、なるべく目立たないように(´ヘ`;) う~ん・・・ .

看護帽

あれを止めている糊が問題なのだと聞いたこちがあります。

室蘭の病院で使っていないところがあります。かぶったほうが雰囲気がいいのだけどね(笑)。

偶然って面白いですよね。
プロフィール

miya

Author:miya
2014年㋁。
WIN8.1を買った。今までパスワードを忘れずっと入れなかったこのブログに何とかつながった。で、再開することに(^^)/

5月から11月半ばまで借地で農業の日課です。生まれが農家なので苦にはなりませんが、自然の力を借りないとできないことなので、努力が報われないのが致命的です(笑)

最近の記事
最近のコメント
お友達リンク
ワンちゃん、ニャンちゃん

!ジャパンネット銀行
24時間土日祝日ご利用可!
JRA即PATにご利用できます
頭の体操
看護師求人介護保険法改正徳島 インプラント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

旅をするなら