スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂東眞砂子のコラムに対して

 作家の坂東眞砂子が日本経済新聞のコラムに、子猫殺しを告白。新聞社に抗議文が殺到したとか。25日の昼の番組でも取り上げられていた。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 猫を殺したという発言に、いっせいに反発をする国民は成熟しているのだと思います。多分、先進国の国民だけでしょう。それ以外の国は、子猫や子犬殺しは日常茶飯事の出来事でしょうから、問題にすらならないと思います。そういう意味で、日本は素晴らしいと思います。 
 
戦後、日本は大きな経済発展を遂げ富を手に入れた、が、大事な心を忘れた、と言われています。でもこういうことが起きると多くの人がきちんと反応しているのです。衣食足りて礼節を知っている国民と言えるでしょう。改めて、経済的な側面は人間の心を成長させることもあるのだと思いました。 
 
この作家の主張は、猫の避妊手術をしないのは、猫の生の喜びを満たしてあげたいからだ、ということですね。つまり、交尾と出産までは喜びで、子育ては生の喜びには入っていないというわけです。この作家の自分勝ってな解釈には腹が立ちます!。 
 
よく読んでいくと矛盾だらけの文章です。 
 
 
ただ、避妊の手術も、生まれた子猫をころすも人間のエゴです。 
わたし自身の事を言えば、世間の人が野良猫を嫌わなかったら、手術をしません。近所には「野良猫にえさを上げるな」という張り紙がまだ多く見られます。つまり餓死させよ!、ということですね。この作家のやっていることと大して違わないでしょう。 
 
でも、生まれた子猫は、できれば寿命を全うするまで生きさせてあげたいと思うから、手を貸しています。また私が餌をあげている猫が、子猫をたくさん生んで、生まれた子猫がご近所に迷惑をかけたら~、と思うから手術をしています。うまれてしまった子猫を殺すことなどできませんから。それが私の選択なのです。且つ、この作家への反論です。 
 
時々覗いています。ストリートキャット
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

坂東眞砂子の本は読んでいませんが、タヒチで執筆をしていると紹介されていたTVを観たことがあります。

坂東眞砂子はオス犬1匹、メス犬2匹、メス猫3匹飼っていて、新しい生命が誕生すると「始末」するのだとか。

「子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ。避妊手術のほうが、殺しという厭なことに手を染めずに済む」
と嘯いています。

口の達者な殺人犯が、殺した理由を身勝手な持論でまくし立てているとしか思えません。

作家だからという

思い上がりがありますね。
確かに創作のなかの一説だったら問題にはならないもの。

これが新聞のコラムだから、批判されて当然なのよね。

いい国日本

そもそも平和なんです。働かなくても食べれる国だから。 猫に限らず動物達にすりゃ避妊も出来た子達も、大きな御世話。
わたしら水と食いもん在れば良いの。ほっといてくれと代弁したいニャ。地球上には猫食う国も犬食う国もカラス食う国もある。
「私ら幸せっ!」て感じ。子宮の一つ位どうじょ
その代わり一生御飯お願いニャ~
10k500円くらいの御飯でいいニョ~
変?

過激!!^m^

日本には日本の文化(とまでは行かないにしろ)、考え方がありますから、犬や猫を食する国の基準でものを考えてもねぇ~。

でも、猫や犬が言葉を話せたらなんというか、これは分かりません。

基準は難しいです

私はここんとこガッカリしています。
ニートが模倣、百均でおにぎりも売っているし失業者も食べるには切実に困らないし。
そんな国の基準でペットを飼っているものですから猫が犬がだとか言い出しまする。
家の猫もまた盛りが来ました、毎晩怒っていたら変な声で泣かなくなりました でもそれも継続がメンどくなって私も猫の体にメスを入れるのでしょう。
その御金で寿司屋行きたいですね~



でもね~

基本的には貧富に関係なくどこの国も生き物の殺傷はしないほうがいいと思うけど~。仕方がない場合を除いてはね(←抽象的な言い方(^_^;))。食べ物がなくて自分が生きるために殺さなくてはいけない場合はしかたがないけどね。

yamaさんのところは住宅街ですか。山の中じゃなかったっけ‘‘‘(*´・)??? 。猫の100匹くらい自由に遊ばせる空間はないの?。

そういえば猫が生涯産むだろう子どもの数は80匹らしいです。

miyaさん 動物の殺傷はアホノやることで議論したくありませんし記事にする奴が馬鹿です。
私はハンターですので獲ったら必ず食いますが..

80匹産む猫は日本に皆無でしょう?
その前にそんなに産ませる人間は日本に存在しないと思う(猫屋敷おばさんでも)
私は釧路市街に住んでいますので不可能ですしNPOでも立ち上げて猫飼う元気もありません、経済的物理的に無理ですよ。

小判持ってくるネコは別ですが。

あそこは別荘だったっけ!

市街地じゃ無理ですね。


それから一回に4匹産むとすると20回ね。
年二回とすると10年かかります。計算でいくとのらちゃんなら可能かもしれないけど。いや野良ちゃんはそんなに長生きできないものね。
その前に体が壊れるかも。

miyaさん 考えすぎ ! そんな野良ど田舎でもいねぇよ ギネスでしょ

タクどうしてますか ここは多くの人が読むので書きますが生半可な気持ちで動物は家に入れない飼わない事です。

野良にはノラの都合 人間にはヒトの都合があるのです。

miyaさんがタクと名づけたニャンもそう思っているはずです。

起きていましたか

痛がって餌を食べなくなったので昨日薬を飲ませました。でも、痛いのか食べません。それで今日も上げようとしたのですが、食べることを怖がっています(薬は餌にまぶしてある)。食べたら口の中が痛くなる、ということを反射的に知覚しているのでしょうね。餌を見ると離れていきます。顔色はいいです。
あのね、痛いときは顔に現れるの。どうしようもなく辛そうな、はんべ状態で私をみてくるんですよ。それが穏やかな表情なので薬は効いているのだと思うよ。でもたべたら痛くなるという知覚で、たべれないのだとおもいます。

今月末に旅行を計画しているんですよ。ですから今非常にナーバスになっています(私も…)。

寝てしまいました(^ ^;)

炎症がひどくなってきているのかな。
面倒みてくれる人間はしっかり認識してますからね。
でも旅行は気持ち切り替えて楽しんできてください。タクも多分わかってますよ~

面倒を見ている人間をは

ホントにしっかり覚えています。
そして、目があうと、すがるような目をするんです…。

旅行は佐藤惇子さんと関西方面へいきます。4日間留守です。夫は面倒を見ませんので、気になりますが…。

miyaさん。お久しぶりです。
8月9日に愛犬Pooを亡くし、毎日とてもとても悲しんでいます。夕べも、布団に入って泣いていました。
毎朝、目が腫れぼったくなっています。
うちのPooも捨てられていた子です。だからこそ一番大事にしていたワンコでした。
動物たち、野良ならなおさらのこと、大事にしてほしいものです。

....

職業はどうであれ、この様な殺し方をする人が誇らしげ(私、個人の感想)にコラムに載せ、日経もそれを記事にすること怒り心頭。
このニュースをテレビで見たとき、鳥肌がたち誰かにメールしなくっちゃ! と思いついたのがmiyaさんといちごちゃんでした。
気持ちをどう整理してよいか判らず、コメント書けませんでした。
この女性の顔をテレビで見たとき、凝視するのが精一杯。二度と顔を見たくないわ( ,,・`ё´・)

miraiさん今晩は!

先日pooちゃんがなくなったことを知りました。言葉もなくて、そっと逃げ帰りました。

ねこでも犬でも野良ちゃんはほんとに悲しげで怯えた目をしていますよね。だからその悲しみや怯えを取り去って、できれば四肢を思いっきり伸ばして眠る場所を確保してあげたい、とおもって関わりを持ったのですが…。
こういう記事を読むとへこみますよね。

( ,,・`ё´・)

新聞社は公明正大、報道の自由で、いい悪いに関わらず記事を載せるべきだとは思います。
読者の心象を考えていい記事ばかりを載せるようになったら、それこそ世も末ですから。

で、こういう記事が載って、それに多くの市民が反応を示した、ということで日本はまだまだ捨てたものではないと思います(エラそう('_'))。

それと、私、ねずみを水攻めにして殺したことがあります。網のねずみ捕獲器に入れてバケツの水の中に…。
でもね、子どもがまだ小学校のころで捕獲器に入っているねずみをみて「可愛い。かわいい!」と連発したんですよ。
この記事を読んでそのことが頭をよぎりました…。
猫と、ねずみ、違いはあるのかな???
プロフィール

miya

Author:miya
2014年㋁。
WIN8.1を買った。今までパスワードを忘れずっと入れなかったこのブログに何とかつながった。で、再開することに(^^)/

5月から11月半ばまで借地で農業の日課です。生まれが農家なので苦にはなりませんが、自然の力を借りないとできないことなので、努力が報われないのが致命的です(笑)

最近の記事
最近のコメント
お友達リンク
ワンちゃん、ニャンちゃん

!ジャパンネット銀行
24時間土日祝日ご利用可!
JRA即PATにご利用できます
頭の体操
看護師求人介護保険法改正徳島 インプラント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

旅をするなら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。