父が永眠しました

8月13日の昼にとうとう、あの父が亡くなりました。
40年前から何度危篤の知らせが届いたことか。

お盆ということもあり、お坊さんが忙しいらしく、

15日火葬
16日
17日通夜
18日葬儀

というびっくりするような日程でした。通夜の前に火葬があって、16日は中休み(^_^;)。のべ6日間です。

田舎も猛暑で、自然風と扇風機が頼りでもう汗だくでした。

16日まではどこかに父の気配を感じていたのですが、その後まったく感じなくなり逝ったなぁ、と。

父37歳
父37歳母34歳のとき

父は遊び人でした。その分母は苦労が絶えなかったようです。8月初めに見舞ったとき、父が母の手を両掌で包み「苦労をかけたな~」詫びていました。
スポンサーサイト

本番はパスかも

実家の父が危篤ということで7月30日、青森の実家に帰りました。

思えば昨年10月、12月、今回と半年ちょっとで三回目。

今回も無事持ち直し、昨日帰ってきましたが、交通費や経費がばかになりません(^_^;)。

そもそも最初の危篤は40年前、その後思い出したように危篤に陥り、その都度復活。

こちらはすっかり「危篤なれ」してしまいました。

お医者さんは、肺気腫と心臓弱まっているという。でも今回のお医者さんも「見立て間違い」をしたのでしょう。

財布はすっかり軽くなってしまい、この分だと、ここ一番のとき金欠になりかねません。

回復したのに素直に喜べない、という現実が……。

@父、満91歳
プロフィール

miya

Author:miya
2014年㋁。
WIN8.1を買った。今までパスワードを忘れずっと入れなかったこのブログに何とかつながった。で、再開することに(^^)/

5月から11月半ばまで借地で農業の日課です。生まれが農家なので苦にはなりませんが、自然の力を借りないとできないことなので、努力が報われないのが致命的です(笑)

最近の記事
最近のコメント
お友達リンク
ワンちゃん、ニャンちゃん

!ジャパンネット銀行
24時間土日祝日ご利用可!
JRA即PATにご利用できます
頭の体操
看護師求人介護保険法改正徳島 インプラント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

旅をするなら